予防をしましょう!

色々な薬と空のブリスター

ヘルペスのような症状が出た場合は、すぐに治療をするようにしましょう。ですが、元から予防をすることも大事です。ここでは予防方法や感染してしまった際の対処法を紹介していきます!

フィラリア症とは?

オレンジの薬

ヘルペスの症状が出てしまった際に、長く治療を続けていくためには、個人輸入代行を利用して薬の費用を抑えていくことも考えなくてはいけません。ここでは個人輸入代行で購入できる他の薬について紹介します!

限定品がある!

カプセルと錠剤

個人輸入代行を利用すると、ヘルペスの症状が出た場合の治療薬や、フィラリア症を予防する予防薬も購入することができます。中には、ここでしか購入できないようなものもあります。ここでは限定商品について紹介していきます!

トピックリスト

様々な種類の錠剤

「口唇ヘルペスだけじゃない!意外と知らない性器ヘルペス」のトピックリストです。


簡単に移ってしまう!

カプセルと薬

ヘルペスという言葉を耳にしたことある人は多いのではないでしょうか。ヘルペスは、非常に多くの人が感染しています。ヘルペスにも種類がいくつかありますが、あまり知られていないのは性器ヘルペスです。性器ヘルペスにかかると、男性は陰茎に、女性は大陰唇や小陰唇に水ぶくれのようなものができ始めます。水ぶくれは、数日後にそのまま破れて潰瘍となります。特に女性は症状が重いことが多く、強い痛みや発熱だけではなく、鼠径部の強い痛みや倦怠感などがあります。稀に、歩くのも困難なくらいの強い痛みを伴うこともありますが、感染した最初だけです。
次第にそういった症状は和らいでいくでしょう。性器ヘルペスは、再発することがとても多いですが、初めてのころの症状に比べると症状が軽くなる傾向があります。なぜなら、性器ヘルペスの感染経路はとても簡単だからです。ヘルペスの感染経路はたくさんありますが、その中でも大人から子供へ感染する経路と、性行為によって感染する経路が一番多いとされています。唾液を通して感染してしまうので、注意が必要です。性行為でコンドームを使用しているからといって、安全なわけではありません。キスや性器を舐める行為をした場合にも感染してしまうこともあるのです。ヘルペスや何かできものがある場合には、病院へ行って検査をするなど、気を付けるようにしましょう。
また、感染しているうちに妊娠してしまった場合、胎児に感染することも少なくありません。帝王切開などで防ぐことは可能ですが、できる限り検査をして早めの処置ができるように対策しておきましょう。